1910年当時のGAPEL 280名ほどのカッティング職人がいたという。

300年の時を経ても受け継がれる伝統の技と不可能を可能にする不屈の精神、クリスタルガラスにかける誇りと情熱がある。

 

SLOVAKIA CRYSTALの歴史ある発祥地GAPELとSLAVIA CRYSTALについて。

 SLOVAKIA(スロヴァキア)共和国の地方都市トレンチーンからほど近い深い山村の村GAPEL(ガペル)では17世紀頃からイエズス会の修道僧たちが教会で使うためのテーブルガラスを創り始めたことをきっかけに、資源の豊富なこの村ではガラス造りが栄えたと言われています。

その後チェコスロヴァキア共和国時代に工場が国有化され、国営企業として世界的にも有名な産地名ボヘミアンクリスタル製品として世界に出荷して来ましたが、1993年チェコスロヴァキア共和国分離独立後、ボヘミアンクリスタルの産地名がスロヴァキアでは使えなくなったことで多くの工場が閉鎖に追い込まれることになりました。

 先祖代々この工場を経営してきた Kodaj(コダーイ)ファミリーも一時は廃業に追い込まれましたが、私財を全て投げ打つことで自分たちのカッティング工場を再開まで漕ぎ着けました。元々熟練のカッティング(彫刻)職人の多くはスロヴァキア側に残っていましたが、その後の仕事は長きに渡り自国の製品としては販売できない「ボヘミアンクリスタル」チェコからの下請け仕事でした。かつては(チェコスロヴァキア時代)同じ祖国でありながら今では同じ製品として販売できない悔しさをコダーイファミリーは痛切に感じ、やがて熟練スロヴァキア職人達の先祖代々受け継がれてきたカッティング技術による”スロヴァキア オリジナル” (MADE IN SLOVAKIA)の製品を創りたいと願うようになりました。「スロヴァキア伝統のカッティング技術を後世に継承して行く為にもオリジナル製品を開発しなければ」

そんな時期に私たち(MARDAKINTERNATIONAL)とコダーイファミリーは出会いました。

 2010年両社の共同開発ではじめられたSLAVIA CRYSTALブランドの最初の製品 クリスタル洗面ボウルは、試行錯誤を繰り返し5年の歳月と熟練スロヴァキア職人の誇りをかけた最高級のクリスタル洗面ボウルとして完成、最高級の製品にはこの村(GAPEL)で生まれた最高峰カッティング番数160番を施しVICTORIA(ヴィクトリア)と命名され、全部で10種類のモデルを製品化し、洗面ボウルとコーディネイトできるアクセサリーも同時に製品化しました。

 2015年7月よりヨーロッパで先行発売され、すでに有名ホテルのスイートルームなどでも採用されております。その優雅で美しい伝統の輝きは SLOVAKIA 職人魂の誇りに満あふれた輝きで、あなたの生活に彩を与えてくれるでしょう。

 また2018年11月より原型を作る溶炉工程をチェコ共和国の工場で行うことでボヘミアの商品名も使用できるようになりました。

往年のように MADE in CZECH&SLOVAKIA 製となったといえるでしょう。

SLAVIA CRYSTALのふるさと、GAPELとその周辺の伝統的な衣装、民家に描かれたユニークな模様はスロヴァキアの文化遺産に指定されておりこの伝統的な模様は2012年ロンドンオリンピックのスロヴァキア選手団のユニフォームにもなりました。緑多き山間の、のどかな山村で古きよきヨーロッパを垣間見ることのできる素敵な山村です。この伝統的な模様が SLAVIA CRYSTAL「VICTORIA/ELIZABETH」の縁どり部分にも一部採用されています。

 

のどかで大自然に囲まれた美しい村Cicmany (チチマニュ)の民家

2012年ロンドンオリンピックのスロヴァキア選手団のユニフォーム

Copyright(C)2015 SLAVIA CRYSTAL All Rights Reserved